鯛の百合根羽二重蒸し

鯛の百合根羽二重蒸し


夫が「割烹みたいな料理が食べたい。」とわがままをいうので
作ってみました。
本当はひらめで作るようですが,この日はひらめがなかったので鯛に変更。
実際作ってみると,百合根を裏ごしたり少し面倒でした。
食感はじゃがいもっぽいかな?
もう少しゆるく作った方がじゃがいもっぽくなかったのかも?。
百合根がなくてもおいしいと思います。

材料


鯛の切り身 百合根 卵白 塩 砂糖
銀あん…だし 塩 醤油 酒 片栗粉
ゆでた蕪の葉

作り方


百合根は根を切り,茶色に変色した部分をとる。
うろこ状の隣片を1枚ずつはがし,水にさっとつけてあくを取る。
熱湯で3分茹で,裏ごし。
百合根に卵白.塩.砂糖を加え,泡だて器でよく混ぜる。
魚に百合根をかけて5分弱蒸し,器にもって銀あんをはる。

参考にしたのは...


世界文化社の「人気の日本料理―一流板前が手ほどきする (別冊家庭画報)

ランキングに参加中

食べてみたいと思った方はクリックお願いします.
にほんブログ村 料理ブログ レシピ本料理へ

関連記事

“鯛の百合根羽二重蒸し” への 2 件のフィードバック

  1. これはっ、すでに「なんちゃって」じゃない(@_@;)!
    もう立派な「割烹」です。

    …恐るべし…ひぃちゃん。 😆

  2. SugarCraftさま

    わ?い!!
    ありがとうございます。 😛
    この日はなぜかやる気スイッチ入りました。(笑)
    ネタもなかったのでチャレンジ。
    でも,頑張った次の日はサボりたくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です